若手研究者の応募を歓迎します。
bet5365亚洲版 (特定共同研究(B)・一般共同研究)

多数の女性研究者の積極的な応募を期待します。
男女共同参画を推進しています。

≪重要≫
2020年度より、研究集会の経費で、研究集会運営にかかる謝金や役務費の支出が可能となりました。詳しくはQ&A (Q-29・Q-30)をご覧ください。

≪受付中≫
2021年度共同利用の公募を開始しました。【2020年10月30日(金)必着】
2021年度客員教員の公募bet5365亚洲版を開始しました。【2020年10月30日(金)必着】

≪随時受付中≫
施設・実験装置・観測機器等(別表J‐3)、データ・資料等(別表J‐4)の利用
Joint Usage of Facility・Equipment (Appendix F), Data・Records (Appendix D)

お知らせ/Information2020.9.9 update

■ Earthquake Research Institute Joint Usage/Research Program
Call for proposals for research projects and workshops for the Academic Year 2021(September 9, 2020 update)

See detail
・Deadline: October 30, 2020

■2021年度共同利用の公募について(2020.9.9更新)
公募要領 (担当教員等の機器に関する最新情報は共同利用施設、観測機器、装置等一覧表でご確認ください)
共同研究・研究集会各種申請様式
bet5365亚洲版 ・締切:2020年10月30日(金)まで


■Call for visiting researcher 2020(September 7, 2020 update)
See detail (Japanese only)
・Deadline: October 30, 2020

■2021年度客員教員の公募について(2020.9.7更新)
公募要領
様式V-1(応募用紙)
様式V-2(履歴書)
・締切:2020年10月30日(金)必着

過去のお知らせはこちら


Web申請システム
公募要領をご確認の上、Web申請システムより様式を提出してください。
bet5365亚洲版 アカウント作成後に、各種申請がご利用いただけます。


拠点間連携Web申請システム
公募要領をご確認の上、Web申請システムより様式を提出してください。
アカウント作成後に、各種申請がご利用いただけます。


地震研究所は、平成22年度より地震・火山科学の共同利用・共同研究拠点として文部科学省に認定されています。本拠点は、地震・火山に関連する固体地球科学、地震及び火山噴火に起因する災害の防止・軽減に関する理工学、及び、国内外における地震・火山噴火予測のための観測研究を推進することを目的としています。この目的を達成するために、共同研究の公募を行い、地震研究所が保有する施設・設備・資料データ等を全国の関連研究者に提供しています。また、国内外からの客員教員を受け入れています。
また、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)」の企画立案・調整・実施を全国連携で行う上で中核的役割を果たすとともに、東京大学地震研究所と京都大学防災研究所が連携して拠点間連携共同研究の公募を行っております。

共同利用・共同研究項目毎年間スケジュール

スケジュール

お問い合わせ

本所共同利用・共同研究に関するご質問・お問い合わせは、下記までご連絡ください。

〒113-0032 東京都文京区弥生1-1-1
東京大学地震研究所研究支援チーム(共同利用担当)
TEL: 03-5841-5710, 03-5841-1769
FAX: 03-5689-4467
E-mail: k-kyodoriyoatmarkeri.u-tokyo.adfmjc.com


▲このページのtopへ